津次郎

映画の感想+ブログ

EBPM イーグル・アイ (2008年製作の映画)

2.6
youtube上にあったEBPMをテーマにした講演会で成田悠輔氏がこの映画をあげて「EBPMそのものを描いている」と述べていた。

EBPMを、ネットで検索すると、

『EBPM(エビデンス・ベースト・ポリシー・メイキング。 証拠に基づく政策立案)とは、政策の企画をその場限りのエピソードに頼るのではなく、政策目的を明確化したうえで合理的根拠(エビデンス)に基づくものとすることです。』

(内閣府のページより)
──となっている。

わかりやすく言うと「データにもとづいて企画する」という意味。(だと思う。)
国家の政策立案に使われる言葉だが、おそらく、なんにでも応用できる。(無教養なので誤解があるかもしれません。)

企業のキャンペーンに使える。サイト運営に使える。勤怠シフト作成に使える。店舗の品揃えに使える。栄養士のレシピづくりにも、旅行計画にも、スポーツやゲームの戦略にも、犯罪防止や抑止にも、都市計画にも、テーマパークの導線にも・・・。なんでもつかえる。

まだ解りにくいなら、EBPMの対義語「経験や勘」と比較すると解像度があがる。
すなわち今まで経験や勘によって立案されていたことをデータにもとづいて立案する──それがEBPMである。

たとえば銀座かどこかの一等地に老舗の寿司屋があり、そこで年期のはいった職人が、寿司をにぎっている。そんな「経験と勘」にさえEBPMは対抗できる。
手の温度、すくったしゃりの量、にぎる力加減と回数、ひねりの角度・・・。寿司をにぎるデータを集計しそれにもとづいてひと月も訓練すれば高校生でもウン十年の職人と同等の技術を身につけられるだろう。
すなわちEBPMが言いたいのは曖昧な価値観は不要──ということでもある。

となるともはや言うまでもないがEBPMは経験と勘でつくられる日本映画の対極にある。そう、EBPMは映画製作にも使える。

河瀬直美の撮影時のエピソードに「なんとなく気分で撮り直す」というのがある。河瀬直美ならずとも、芸術家をきどる映画監督は、とくに根拠なしに撮り直しをしても、理由や動機を弁解するひつようがない。日本映画には“天才”や“鬼才”による曖昧な感覚がはびこっている。

「あ~いまのとこ、もうすこしぐっという感じにできないかなあ」
「ぐっという感じですか、はいわかりました」
「う~んいいけどね、もうすこしばっという感じもほしいなあ」
「ぐっという感じで、ばっという感じも、ですね、はいわかりました」
「う~んいいけどね、ばっとなったときに、がっという感じもほしいかな」
「ぐっとしてばっとなってがっとするんですね、はいわかりました」
・・・
──てな感じ。日本映画の撮影現場はEBPMの極北であろう。(憶測です。)

成田氏の講演はEBPMの実践にはデジタル化が前提になると述べ、さらに敷衍していくのだが、理屈を援用すると、犯罪予見するマイノリティ・リポート(2002)も、球団をデータ至上主義であやつるマネーボール(2011)もEBPMを描いた映画と言える。他にもEBPMなロジックをもった映画は多数みつかるだろう。

──

スピルバーグのDreamWorksが手がけた近未来サスペンス映画。がんらい諜報活動(テロ行為を突き止める)の目的で開発されたAIが暴走する話。

大味と壊しすぎで醒める。

映画の逃走シーンのあるあるだが、追われている者が、路上の構造物を倒して、進路妨害することが、よくある。ごみ箱とか看板とか自転車とか・・・。とくに途上国の雑踏で、屋台の商品を道にぶちまけるような描写は多い。
その際、破壊されたり倒されたりぶつかったりしたモノやひとは、ほとんど秒も映されずに進行していくが、じぶんはけっこう「おいおい」と思うタイプ。
周囲を巻き込んで壊したり倒したりしながら逃げる──の描写は、その映画中使用頻度に反して、かなり悪手だと個人的には思っている。

この映画イーグルアイは逃走中の傍若無人ぶりがきわだってひどかった。およそ主人公が走り去った後には、ぺんぺん草も生えない──ほどな破壊ぶりだった。アリア(AI)の暴走より、逃亡中の混乱のほうがよっぽど深刻である。

また、ざっくりした展開と揺れすぎのカメラ、プロダクトの大きさにも増して空隙のほうが大きかったと思う。

ところで、人工知能が発達した未来の設定でかならず反義語に立脚するのがヒューマニズムである。
本作の主人公ジェリー(シャイア・ラブーフ)には双子の兄がいる。兄はエリートだが、ジェリーはしがないアルバイトをやっている。ジェリーにはコンプレックスがあり父からも疎外されている。
AIから見たばあいも、兄弟は優秀な兄と劣等な弟として数値/データ化されており、映画は劣等生のジェリーが奮闘して国家の危機を救うという構造をしている。
つまり数値/データでは人をはかることはできない──とヒューマニズムを重んじる結論へ、この映画も帰結する。

じぶんはこのてのヒューマニズムに懐疑的だ。
どうでもいい余談として話すのだが、幼少期に劣等とレッテルされ、その枠組みで生きることは、もしかしたら幸せなのかもしれない──と大人になって思うことがある。

能力の低い人間は、そのことを自分も他人も、はやい段階でわかったほうがいい。それは他人に対してもさることながら、なにより自分にとって幸福にちがいない。とりわけ今のように情報過多な時代、無根拠なままじぶんの可能性を信じていると、ずるずると無駄な時間が費やされるだけだ。
能力が低いわたしは、もっとずっとはやい段階で、それ(じぶんの限界のようなこと)を知りたかったと、50をすぎた今つくづく思っている。

ちなみにこれは偶然、成田悠輔氏が言う「幸福なデータ奴隷」とおなじ論だが、わたしのはコンプレックスの産物にすぎない。

『データやエビデンスを活用することによって自己の存在理由や目的を発見し、最適化された行動を取ることで、人々は日常の小さな判断から解放され、真の幸福が訪れるという「幸福なデータ奴隷」論を提唱している。』

(ウィキペディア、成田悠輔より)