津次郎

映画の感想+ブログ

新版 チャタレイ夫人の恋人 (2022年製作の映画)

3.5昭和の洋画劇場におけるチャタレイ夫人はわたしたちがまみえることができるエロの限界値だったが、とはいえ文学なので男の子には物足りなかった。むしろプライベートレッスンとかリンダブレアのチェーンヒートとかEdwige Fenechの出てくるイタリア映画の…

マッチングアプリ サムバディ (2022年製作のドラマ)

4.0状況に対して、さまざまな心象があると思う。 悲しいとき悲しいだけじゃないし、楽しいとき楽しいとはかぎらない。 むかしきいたことがある彦一とんち話というのがある。まえにも書いたことがあるが── 怖くて可笑しくて悲しい話をせがまれた彦一は「ある…

ヘアスタイリストのためいき 殺人美容師 頭の皮を剥ぎ取ります (2020年製作の映画)

3.4殺人美容師頭の皮を剥ぎ取りますなんてタイトルされてしまっているがつくった人の真摯な気持ちがつたわってくる映画だった。 原題はThe Stylistで同名のショートフィルムを長編化している。監督Jill Gevargizianのバイオにはこう書いてあった。 『Jill “S…

陽光のマルタ島 コンフィデンスマンJP 英雄編 (2022年製作の映画)

2.9英語がキツかった。 (個人的な抱懐だが)ふだん英語を使っていない人が「かっこよく喋ろうとしている英語」はダサい。 だが日本の俳優は映画/ドラマでかならず「かっこよく喋ろうとしている英語」を使う。 この映画の諸兄やたとえばシンゴジラで石原さと…

おかえりなさい フォーリング・フォー・クリスマス (2022年製作の映画)

3.0RottenTomatoes58%と60%。クリスマスのくらっぷなのに誰にもこきおろされてなかった。みんなローハンが笑顔でもどってきたことを喜んでクオリティを寛恕していた。 たしかにそうなるよな。と思った。 あれだけきらきらする純情を見せられたら、そのあとお…

Boo, Bitch ゴーストギャル (2022年製作のドラマ)

2.7それなりに楽しいけれど。 ちなみにじぶん的にNetflixでいちばん楽しかったシリーズはめちゃくちゃ恋するハンターズ。ブックスマートしかりなかよしな女の子二人組に適切な脚本をあたえるとマジカルな化学反応がおこる。ことがある。 むろんそういうVIVE…

最強のぼっちキャラ ウェンズデー (2022年製作のドラマ)

5.0シニカルで超然として誰にもおもねらないウェンズデーは、げんじつにいじめやネグレクトに遭っている少年少女に勇気をあたえるにちがいない。 そんなしたたかな“ぼっち”キャラであるウェンズデーがファミリーを飛び出してスピンオフされたのはとうぜんで…

漫画を貶めるレベル バイオレンスアクション (2022年製作の映画)

1.0プロモーション用の画像に「主演・橋本環奈♡♡♡」とデカデカあった。 ようするにこれはおまえら橋本環奈が出てるんだぞというマーケティングで、このマーケティングに対しておまえらであるわれわれ観衆は「ええっあのひゃくねんにひとりと言われた橋本環奈…

ドバイから日本を変える黒い人

◆あんがい旧弊な有権者たち ふしぎな感じがするのだが、ガーシー議員の報道に対してヤフコメにはアンチコメントしかあがってこない。youtubeの切り取りでも、tiktokのガーシーねたでもアンチはけっこう多い。 わたしはガーシー議員に対して期待感しかない。 …

悲しさを隠した巨漢 大災難P.T.A. (1987年製作の映画)

5.0コメディアンから出発した人は演技達者なので成功者が多い。トムハンクス/ジムキャリー/ビルマーレイ/ロビンウィリアムズ/アダムサンドラー/クリスティンウィグ/メリッサマッカーシー・・・。 ただ、お笑いキャラのまんまだと顕誉にあずかりにくい──とい…

Fasting girl 聖なる証 (2022年製作の映画)

3.916世紀から20世紀にかけ英国で定期的にFasting girl(=断食少女)というものが現われたそうだ。 何ヶ月も食べていないと主張する少女およびその家族のことで、目的は教区からの寄付や恩恵にあずかり家計を潤すことにあった。 こんにちでも子を脅迫して学…

におい立つくささ 川っぺりムコリッタ (2021年製作の映画)

1.0けなしていますのでスキップしてください。 ── 出演者が並んで立っているプロモーションスナップ/イメージってやたら使われてねえか? 意識高い系のアート映画によくあって、たとえば「愛の小さな歴史」と「お盆の弟」ではどちらも光石研が直立し面と向か…

生みの親より育ての親 そして、バトンは渡された (2021年製作の映画)

3.3趣向を凝らした話でお涙頂戴ではなかったが、展開上涙だらけになるので泣けたという好意的レビューも、お涙頂戴だという批判的レビューも少なくなかった。 原作は未読だが、原作者の瀬尾まいこのウィキペディアに──『家族の物語が多いが、愛情を注ぐのに…

ジャスティンロングの新作(笑) バーバリアン (2022年製作の映画)

4.0じっさいAirbnbでBrightmoorを検索してみたらとても安かった。 Brightmoor, Detroitのウィキには記者の言葉をかりて──『ブライトムーアは、デトロイトが一般に想像されるような、都市のゴミ捨て場、犯罪現場、野生の草原が混ざったような驚くべき光景──そ…

フレッシュなふたり リコリス・ピザ (2021年製作の映画)

3.6haimというガールズトリオをyoutube動画で知っていた。エロス資産を活用したあざといPV群をいくつか見たことがある。見た目も楽曲もキャッチーだがハーモニーを削いだWilson Phillipsという感じ。無駄にエロい姉妹──という印象だった。 その末っ子Alana H…